交通事故時の健康保険と労災保険の扱い

交通事故時の健康保険と労災保険の扱い header image 3

交通事故時の健康保険と労災保険の扱い

af9980018950m

 

交通事故に巻き込まれてケガをし、病院で治療を受ける場合、「健康保険」を使用

 

することができます。通常、病院側から自由診断と一方的に言い渡される場合もあ

 

りますが、法律では、病院側が交通事故でケガした人の健康診断を受け付けなけ

 

ればならない、と定められています。

 

このため病院側は健康診断の受付を一切拒否することができません。

 

なおこの保険で治療を行った場合、保険側での治療費負担は7割となるのです

 

が、交通事故の場合はこの7割分の治療費を加害者側に請求することになりま

 

す。このことを「第三者求償」と言います。ちなみに実際に加害者に請求を行う場

 

合についてですが、請求に関する申請手続きが必要となります。ご注意ください。

 

次に「労災保険」についてですが、勤務中や通勤の途中に発生した交通事故の

 

場合にこの保険を使用することができます。ただし、治療費に関して加害者側の

 

自賠責保険などから既に支払いがなされていた場合には、その金額分が労災保

 

険で支払われる予定分から差し引かれ、残った残額が実際に労災保険から支払

 

われる分となります。なおケガにより会社を少なくとも数日休む必要性が生じる場

 

合には、労災保険の「休業特別支給金」を受け取ることができます。