交通事故時の健康保険と労災保険の扱い

交通事故の時の健康保険と労災保険の扱いについて

交通事故時の健康保険と労災保険の扱い header image 2

治療費が安くなる

2014年01月27日 · コメント(0) · 未分類

自動車事故の治療は自由診療で行うのが一般的になっていますが、これは自動車の損害賠償保険が任意保険も自賠責保険も自由診療で治療する事を認めているからです。しかしだからといって自由診療で治療しなければならないと言うわけではないのです。また実際に無保険車の事故にあって十分な賠償が得られないときなど、治療費を節約する事が必要になり、自分の保険を使う事がありますし、また自賠責保険未加入だった事故やひき逃げで加害者不明のときに利用できる政府賠償事業の場合は必ず自分の保険や労災など利用できる他の制度を使うことを求められます。また過失割合でそれ程多くは賠償が見込めない場合など、十分な賠償額が得られない場合なども、自由診療をやめる事で節約できますし、自賠責保険だけしかない場合も、ケガの治療は最高額で120万円までしかないので、自由診療にしないことで節約する必要が出てくる可能性もあります。また自分の過失割合の減額の分は自損事故保険などでも補えますが、小さな事故なら利用しない方が等級が変わらないので有利です。医療機関は交通事故ですというと特に確認する事もなく自由診療にしますが、こちらから言えば保険治療も可能です必要に応じて申し出てください。

タグ :