交通事故時の健康保険と労災保険の扱い

交通事故の時の健康保険と労災保険の扱いについて

交通事故時の健康保険と労災保険の扱い header image 2

交通事故の治療と労災保険

2014年01月27日 · コメント(0) · 未分類

一般的に自動車を運転して事故を起こしてしまうと加入している保険を使いますが、事故の起きた状況によって使用する保険が労災保険と自賠責保険で自賠責保険は車を購入したり所有した時に加入が義務付けられている保険ですが、中には無加入の車を使用している方もいるのが現状です。また労災保険は会社の業務で事故にあってしまった時に使用する保険で通勤中も業務中となりますので使える保険になりますが事故が発生した場合、同時にこの二つの保険に対して請求をすることは二重補填回避と言うことになりますので出来ないことになっています。労災保険を先行させるケースは交通事故の過失割合が大きい場合や事故の相手と過失割合についてもめている場合、事故の相手が保険に未加入や無保険の状態のときなどは治療にかかる診療報酬単価の違いや補償の範囲などの事もありますので労働保険給付請求を先行させたほうが良いケースとなりますので労災指定の病院でこの様な状況で治療を受ける場合は自賠責保険を先行させるのではなく、労災保険を先行させます。この時には基本的に治療費の自己負担がかからなく傷や怪我などが治癒するまで無制限に8割補償の休業損害補償もされます。

josei015

タグ :