交通事故時の健康保険と労災保険の扱い

交通事故の時の健康保険と労災保険の扱いについて

交通事故時の健康保険と労災保険の扱い header image 2

休業特別支援金とは

2014年01月27日 · コメント(0) · 未分類

休業特別支援金とは休業補償給付または休業給付に上乗せされて支給される

 

給付金のことで、労災による療養のために休業が必要であると認められ、その期

 

間中に会社からは給料が支払われないという労働者に対して、休業4日目から平

 

均賃金の6割が休業補償給付として支給されますが、これに加えて労働福祉事

 

業として平均賃金の2割の支援金が支給されます。通常の場合には休業補償給

 

付を請求した時点で自動的に申請が行われます。休業給付と支援金の大きな違

 

いとしては、相手方から休業に関する補償を受けている間も支給されることで、交

 

通事故などの場合に相手方が加入している自動車保険会社から10割分の休業

 

保険金を受け取っている場合であっても、申請が可能なので、健康に働いていた

 

状態よりも2割分多く給与を受け取ることが出来ます。給付される条件としては業

 

務上の事由または通勤による負傷や疾病の療養のためということと労働が出来な

 

いということ、会社から賃金を受け取っていないこととなっています。この給付金に

 

関しては自動で申請されることが多いので、会社の事務の担当者でも手続きの詳

 

細については分からない場合が多いので、自分で手続きする必要が生じた場合

 

には、厚生労働省の労働基準情報に記載されている方法に従って手続きをしま

 

す。

タグ :