交通事故時の健康保険と労災保険の扱い

交通事故の時の健康保険と労災保険の扱いについて

交通事故時の健康保険と労災保険の扱い header image 2

後で賠償金を支払われた場合の流れと金額

2014年01月27日 · コメント(0) · 未分類

賠償金の金額と交通事故の際の治療や社会保険制度についてですが、交通事

 

故で怪我をした場合に浮上してくる疑問点としては交通事故に遭って完治させる

 

為の治療をおこなう際に社会保険制度を適用することは可能なのか?という懸念

 

が生じることになります。

 
実際に社会保険制度においては健康保険と各種保険を指すことになり、その代

 

表的な名称としては健康保険となります。

 
実際に懸念事項となった事象ですが、相手に過失があって治療をおこなうのに保

 

険会社からは健康保険を使用して治療をおこなうようにとの連絡を受けたというケ

 

ースがあり、到底納得できないケースとして展開しております。

 
また、病院から交通事故に健康保険は使用不可と言われる事象があったことも事

 

実として挙がっておりますが、結論から記述すると交通事故を発生させた際の治

 

療については、健康保険や各種保険の金額適用が可能ということになります。

 
そして一般の病院や治療機関である施設の総称は保険診療機関となっており、

 

さまざまな治療をおこなった際に患者から健康保険適用の申出があった場合に

 

は、治療機関はそれを拒むことはできず、これは法律上の見解として正しく定義

 

されているということになります。

 
一般的に誤解を生じている認識がありますが、交通事故を発生させてしまった場

 

合の治療について健康保険や各種保険を使用することは法律的にはなんの問題

 

もありません。

タグ :