交通事故時の健康保険と労災保険の扱い

交通事故の時の健康保険と労災保険の扱いについて

交通事故時の健康保険と労災保険の扱い header image 2

立て替え額が少なく済む

2014年01月27日 · コメント(0) · 未分類

交通事故の際に自分の治療を保険診療にしてもらえれば、治療費の3割とか1割

 

とかの金額しか実際に支払わないわけなので、治療費が少なくて済みます。

 

結局は自動車の保険である自賠責保険や認知保険から支払われるので、

 

同じことであると言えるのですが、それでも立て替える額が少なくて済むのは大き

 

なメリットであると言えるでしょう。治療費は治療費の総額がはっきり決まってから

 

出ないと請求できませんし、請求してもその場でしはらわれるわけではないのです

 

から数ヶ月以上も先のことになります。もちろんそれに対して相手の任意保険や

 

自賠責保険に対して狩の支払いを求める制度もあるのですが、それでも歩い程度

 

時間がかかります。結局かなりの金額を一旦支払ってしまわなければならないわ

 

けです。そのために借り入れをする人すらいます。更に事故の過失割合もあるの

 

で全額賠償されるとは限らないわけです。そう考えると、自分の治療は保険診療

 

にして治療費を安く出来るように工夫しておく方が色々と安心であるかもしれませ

 

ん。交通事故では自由診療でなければ治療できないと言うような医療機関がある

 

かもしれませんが、そんなことはまったくありませんので、安心して申し出てくださ

 

い。

タグ :